イタリアの企業でも重要視されてきているCSR翻訳について考える

イタリアで駐在をし始めて早5年になります。
その中で感じたことは、企業の社会的な役割がどんどん増してきているということです。
日本でも同様に企業の社会的責任が増してきている中、ここイタリアでも同様の動きが見られるようになってきています。
ステークホルダー向けに企業の決算情報を正確に公表することはもちろんのこと、企業が社会的にどれだけ貢献しているのか、といった部分を株式投資家の方々はチェックしている風潮が出てきています。

CSRは企業の信頼性を高める!

CSRとは、CORPORATE SOCIARL RESPONSIBILITYの略語で、企業の社会的責任と翻訳されます。
CSR活動を熱心に行なう企業は、株式投資家をはじめとした関係各所からの評価が上がり、信頼性が増すとされています。
以前だと、とにかく企業は儲かることが最重要事項で、環境保全や社会貢献という精神は二の次でしたが、今やCSRを行なっていない企業はそれだけで信頼性に欠けるとみなされ、投資家が離れていくという時代になりました。
日本でもそうですが、ここイタリアの企業でもインターネットでの自社サイト上でCSR活動の情報公開を積極的に行なっています。
環境改善活動に費用を出し、実際に社員もその活動に参加する様子であるとか、ボランティア活動や募金活動に参加して社会貢献を目指す画像など、分かり易く大々的に公表している風潮があります。
日本企業のCSR活動公表の仕方と比べてもアピール感があり、より積極的だと感じます。

CSRの翻訳業務はイタリア語と翻訳先の言葉がネイティブレベルで分かる人に頼むべき

日本企業がイタリア向けにCSR活動をアピールする際には、現地イタリア語にCSR翻訳をする必要が生じてきます。
多くの企業ではすでに海外投資家向けに英語による情報公開及びCSR翻訳を実施していますが、より誠意をもって投資家にアピールするためには、あらゆる国の言語に変えて情報提供をすることが重要になってきています。
イタリア語に翻訳をする際には、ネイティブレベルで言語を理解している人に依頼をするべきです。
ある程度の会話程度で翻訳できる内容ではありません。
より分かり易く、実感のこもった無いようにするためには、やはりプロの翻訳家に相談をするほうが良いです。
日本にはたくさんの翻訳会社があります。
その中で、イタリア語を扱っているところもたくさんあります。
翻訳経験が豊富で、信頼性の高い翻訳会社を見つけて依頼をしましょう。
イタリアの投資家の間でも日本企業が人気になるためには、CSR活動のアピールをどんどんしていく必要が増えてきそうです。

おススメHP
CSR翻訳は実績と信頼性の高い『ボンズ・インターナショナル』へ
所在地:〒152-0031 東京都目黒区中根2丁目1−15
電話:03-5701-5953

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です